脳卒中リハビリテーションの達人になるために

道免和久教授が伝授する「脳卒中リハビリテーションの達人になるために」
新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、会場開催を中止させていただくこととなりました。10月以降、オンラインにて配信の予定ですので、詳細が決まり次第、こちらのページにてご案内させていただきます。(2020.8.4現在)

道免教授の実演を交えた、初心者でもわかりやすく、経験者はより深く学べる講演です。

ガイドラインが最先端だと思ってはいけません。エビデンスに根ざしたガイドラインは臨床の最低線を示しているにすぎないからです。まだエビデンスになっていないことに気づき、臨床実践の中で実証できるか、という科学的観察力と鋭い直感力が問われています。道免和久教授の四半世紀以上にわたる脳卒中リハビリテーションの実践の経験から、診察法、評価法、予後予測、診療報酬制度、心の問題、臨床研究、脳科学とニューロリハビリテーションに至るまで、臨床に役立つ真実を伝授する講演会です。

※一般社団法人日本作業療法士協会の生涯教育制度 基礎ポイント対象研修会です。

【開催日】2020年9月27日(日)
【時 間】10:00〜16:00(9:30受付開始)
【会 場】CIVI北梅田研修センター(大阪駅/大阪梅田駅/梅田駅下車)

【プログラム概要】

・Philosophy
・Basics
・Functional Assessment
・How to examine? (1)
・How to examine? (2)
・Outcome Prediction
・Motor Control & Learning
・Neurorehabilitation
・Other Tips
・Future Perspective


【主 催】一般社団法人リハビリテーション科学研究会
【共 催】NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
    一般社団法人CRASEED MEDICAL