脳卒中リハビリテーションの達人になるために

道免和久教授が伝授する「脳卒中リハビリテーションの達人になるために」

道免教授の実演を交えた、初心者でもわかりやすく、経験者はより深く学べる講演です。

ガイドラインが最先端だと思ってはいけません。エビデンスに根ざしたガイドラインは臨床の最低線を示しているにすぎないからです。まだエビデンスになっていないことに気づき、臨床実践の中で実証できるか、という科学的観察力と鋭い直感力が問われています。道免和久教授の四半世紀以上にわたる脳卒中リハビリテーションの実践の経験から、診察法、評価法、予後予測、診療報酬制度、心の問題、臨床研究、脳科学とニューロリハビリテーションに至るまで、臨床に役立つ真実を伝授する独演会です。

【配信日】2021年1月23日(土) オンライン開催
【時 間】午前の部/ 10:00開始 12:00頃終了予定(途中休憩あり)
     午後の部/ 13:00開始 16:15頃終了予定(途中休憩あり)

【プログラム】

ー午前の部ー
■ Philosophy
■ Basics
■ Functional Assessment
■ How to examine? (1)
ー午後の部ー
■ How to examine? (2)
■ Outcome Prediction
■ Motor Control & Learning
■ Neurorehabilitation
■ Other Tips
■ Ultimate Goal

受講者からの声

※受講者アンケートの一部をご紹介いたします。

脳卒中のみならず全患者さんのリハビリする際にとても参考になりました。明日からの臨床で目の前の患者さんと一緒に頑張りたいと思います。(OT 10年)
新たな知見も含めてお話してくださり、包括的な内容で普段の介入に活かしていきたいと思いました。ピック病、アルツハイマー病の方も担当しているので、認知症の部分も参考になりました。障害受容に関しても、同意できる内容で、障害受容に関して心理的問題があるといわれている方を担当しているため、考えさせられる内容でした。ありがとうございました。(OT 17年)
講義ありがとうございます。基礎知識の部分を再学習と新しい知識を得ることができました。(OT 2年)
今回の研修を受けて非常に感動しました。リハビリが出来ること、リハ職だからこそ求められることを痛感し、明日からも目の前の患者さんに向かいたいと思います。(OT 10年)
実例やデモンストレーションを交えての講義であったため、理解しやすかったです。(OT 3年)
非常に分かりやすく聴講させていただきました。バックアップ配信についても対応して下さり良かったです。(PT 10年)
幅広い内容で要点がわかりやすかったです。また別のセミナーが有れば是非参加させて頂きます。(OT 2年)

【主 催】一般社団法人リハビリテーション科学研究会
【共 催】NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
    一般社団法人CRASEED MEDICAL