実践CI療法講習会

実践CI療法講習会
新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、会場開催を中止させていただくこととなりました。10月以降、オンラインにて配信の予定ですので、詳細が決まり次第、こちらのページにてご案内させていただきます。(2020.8.4現在)

あらゆるリハビリ治療の中でもEBMとして最も確立した治療法であるCI療法。すでに全国の数多くの施設で実施される標準的な治療になってきました。本講習会は、CI療法の基礎から実践までじっくり学べる講習会です。米国で生まれたCI療法ですが、私達はCI療法のコンセプトを維持しつつ日本の臨床現場で実現可能な形に修正し、全国で最も多くの患者さんに対してCI療法を実施してきました。参加して頂くことで、明日から皆様の施設でもCI療法を実施することができます。参考図書として『ニューロリハビリテーション(道免和久著/医学書院)』を推奨しますが、講習会は書籍に記載されていない内容も豊富に含まれています。

※一般社団法人日本作業療法士協会の生涯教育制度 基礎ポイント対象研修会です。

【日 時】2020年9月20日(日)10:00〜16:00
【会 場】兵庫医科大学

【講師】
竹林 崇先生 (大阪府立大学 地域保健学域総合 リハビリテーション学類 作業療法学専攻 教授)
天野 暁先生 (新潟医療福祉大学 リハビリテーション学部 作業療法学科 講師)

【プログラム概要】

CI療法で必須の機能評価Wolf Motor Function Test(WMFT)やMotor Activity Log(MAL)の公式日本語版の評価方法、CI療法の理論、運動学習など脳科学との関連、そして、症例における実践例等についてわかりやすく説明します。


【主 催】一般社団法人リハビリテーション科学研究会
【共 催】NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
    一般社団法人CRASEED MEDICAL