リハビリテーション医療のためのサルコペニア講習会

リハビリテーション医療のためのサルコペニア講習会
型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、会場開催を中止させていただくこととなりました。10月以降、オンラインにて配信の予定ですので、詳細が決まり次第、こちらのページにてご案内させていただきます。(2020.8.4現在)

<予後や治療効果に大きな影響を及ぼすとされるサルコペニアを学ぶ!>

現在、医療・介護の現場の主たる対象は“高齢患者(高齢対象者)”です。それぞれ様々な疾病を抱えていますが、大前提として高齢による加齢変化という土台が存在します。つまり、どのような疾病罹患者であっても加齢変化による影響を無視した評価、介入を行うことはできません。サルコペニアはこの加齢変化の中核的存在であり、予後や治療効果に大きな影響を及ぼすとされています。本セミナーでは、サルコペニアの基本的情報から実践で役立つ情報まで幅広い知識をお伝えします。

※一般社団法人日本作業療法士協会の生涯教育制度 基礎ポイント対象研修会です。

【開催日】2020年9月19日(土)
【時 間】10:00〜16:00(9:30受付開始)
【会 場】CIVI北梅田研修センター(大阪駅/大阪梅田駅/梅田駅下車)

【講師】
山田 実 先生(筑波大学 人間系 教授)

【プログラム】

・サルコペニアの疫学
・骨格筋の加齢変化
・サルコペニアの判定方法
・サルコペニアの介入効果
・栄養介入の基本的考え方
・運動介入の基本的考え方


【主 催】一般社団法人リハビリテーション科学研究会
【共 催】NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
    一般社団法人CRASEED MEDICAL