リハビリテーション医療のためのサルコペニア講習会

リハビリテーション医療のためのサルコペニア オンライン講習会

<予後や治療効果に大きな影響を及ぼすとされるサルコペニアを学ぶ!>

現在、医療・介護の現場の主たる対象は“高齢患者(高齢対象者)”です。それぞれ様々な疾病を抱えていますが、大前提として高齢による加齢変化という土台が存在します。つまり、どのような疾病罹患者であっても加齢変化による影響を無視した評価、介入を行うことはできません。サルコペニアはこの加齢変化の中核的存在であり、予後や治療効果に大きな影響を及ぼすとされています。本セミナーでは、サルコペニアの基本的情報から実践で役立つ情報まで幅広い知識をお伝えします。

【配信日】2021年1月10日(日) オンライン開催
【時 間】午前 10:00開始 12:00頃終了予定(途中休憩あり)
     午後 13:00開始 15:30頃終了予定(途中休憩あり)

【講師】
山田 実 先生(筑波大学 人間系 教授)


【プログラム概要】
・サルコペニアの疫学
・骨格筋の加齢変化
・サルコペニアの判定方法
・サルコペニアの介入効果
・栄養介入の基本的考え方
・運動介入の基本的考え方

受講者からの声

※受講者アンケートの一部をご紹介いたします。

実際のデータをもとにお話いただけたため、非常に説得力があり理解しやすかったです。リハビリを行うにあたり、高齢者のタンパク摂取のタイミングは非常に重要であることや、低負荷高頻度トレーニングの効果等、日々の臨床にすぐに落とし込んでいくことが可能な内容であり、大変勉強になりました。明日からの臨床に活かしていきたいと思います。本日は、貴重なご講演をして頂き、ありがとうございました。(OT 6年)
フレイルやダイナペニアについての新しい知見が得られ非常に参考となりました。また、高齢者を対象としたいくつかの研究についても興味深く臨床に活かせることもあり誠にありがとうございます。(PT 8年)
基本的な知識だけでなく、具体的な治療や関わり方もお話して下さり、非常に分かりやすかったです。明日からの臨床に活かしていきたいと思います。ありがとうございました。(OT 3年)
先輩より勧めていただき受講しました。先輩の勧めのとおり資料、説明が分かりやすく、かつ楽しませていただきました。サルコペニアについては今回の受講でより深く知ることができました。講義は勿論ですが、所々出る山田先生のエピソード話に引き付けられあっという間の時間に感じています。コロナが終息した際には是非直接お会いして講義を受けたいと思います。今後のご活躍を期待し感想とさせていただきます。本日はありがとうございました。(OT 4年)
運動とタンパク質の摂取が重要になる事が印象に残りました。臨床の訓練では、反復が大切という事も分かり明日から実践してみたいと思いました。また、適度なタイミングで日常的な話を盛り込んでくれた事も理解を早めてくれたと思います。(OT 15年)
とても聞き取りやすく、そして内容も分かりやすくて、具体的な方法や日常生活での経験なども交え、最後まで楽しく聴講できました。機会がありましたらまた山田先生のご講義を拝聴したいです。早速参考書も購入したいと思います。(Ns 24年)
リハ栄養やダイナペニア、サルコペニアの分野に前々から興味がありました。今回教えていただいた内容を生かせるように、日々精進していきます。今回はご講義頂きありがとうございました。(PT 2年)
オンラインセミナーでしたが、声も聞き取りやすく内容も非常にわかりやすかったです。本日学んだ事を臨床に活かして行きたいと思います。(OT 7年)

【主 催】一般社団法人リハビリテーション科学研究会
【共 催】NPO法人リハビリテーション医療推進機構CRASEED
    一般社団法人CRASEED MEDICAL